スポーツ外傷/捻挫/打撲/肉離れ

ご相談の多い症状

ご相談の多い症状

足首の捻挫、接触による打撲や肉離れ、シンスプリントなどの外傷やスポーツ障害が、おもに若い年代の方に多い症状です。

学生さんがサッカー、野球、バスケ、ラグビー、陸上などの練習中に痛めるというケースが主です。

サッカーでは足首の捻挫や膝のオスグッド、バスケやバレーではジャンパーズニー、陸上では下腿部のシンスプリント、野球では肩や肘の痛みや違和感など様々な学生さんも多く来院されています。
それ以外の社会人や年配の方だと、ゴルフやソフトボールをプレー中に、というのがおもな発症原因です。

対処方法

対処方法

スポーツでのケガであっても、基本に忠実に対処します。
つまり、スポーツ外傷の場合は、急性の捻挫や打撲といったケガがほとんどなので、来院されて問診でなぜそうなってしまったのかを良く聞いてから、患部を冷やしたり、固定するなどの処置へ。早期回復のための電療も行います。

 

スポーツメンテナンス

スポーツメンテナンス

スポーツする患者さまにおすすめしているのが、身体のメンテナンスとしての日頃の「ケア通院」です。

突発的な事故としての骨折や捻挫は通常の治療との違いはありません。
ところが、手技マッサージやストレッチ、機械治療によって、筋肉のはりやこりを取り除き、脚や体幹の筋肉を鍛えて、関節の可動域を広げるなど、スポーツする身体を普段からケアすることは、試合や練習のパフォーマンス効果を上げると同時に、突発的なケガを防ぐ効果も見込めます。
試合や練習におけるクールダウンも含めて、当院でのメンテナンスをおすすめしております。

以前、地元横浜のJリーグチームのある選手が、チームのケア以外のメンテナンスとして、当院に通い、特別メニューでの調整を行っていました。
その成果か、ケガで一旦戦列を離れても、比較的早期に練習や試合に復帰できたそうです。